33:重ね煮


食材の陰陽を知り、ある順番で重ねて煮る「
陰陽調和料理」です

その「ある順番」が問題で、それを間違えては何もなりません。

以前から知っていましたし、色々調べてもみましたが、どうやら種類があるらしいのです。

考え方は同じようですし、作り方も同じようですが、しかし違う気がする。

何がどう違うのかが分からないため、どこに習いに行ったらいいのか判断できずにいました。

 


第一、
並べ方ぐらいでそんなに「効能」があるのか?…と疑っています。

しかし、薬膳を習い始めて「中医学」を知り、「陰陽」の意味と重要性もわかって来た事でどうしても「重ね煮」を知りたくなりました。

そこで本格的に調べ、その結果、2018/06「いんやん倶楽部」を選択しました。

「いんやん」とは「陰陽」の中国語だそうです。

 

「早稲田」…… 遠い……。

 

 

前の記事

32:なぜ家に?

次の記事

34:重ね煮教室で感じたこと