叉焼包で老麺の発酵確認です

4月に予約が入っていた「叉焼包」の教室が、ず~と延期になっていました。

やっと今月実施できる事になり、その前に老麺の様子を確認する事に。

叉焼包は老麺の発酵具合で出来栄えが大きく違いますから、毎回せいろの蓋を開けるまで心配で、心配で

 

テストですから、1/3の量で試作してみました。

捏ねあがりが下の写真です。

 

 

2時間後、約2倍に発酵してます。

.

中は網の目状に・・・

こうなっていれば大丈夫です。

.

.

夏はここから時間との闘いです。

パンなどもそうですが、発酵させる物は季節によって温度・水・時間の調整が必要ですから、気が抜けませんね。

ドライイーストを使ってもそうなんですから、天然酵母ともなると尚更です。

何回やっても上手く割れない時もあって、本当に焦ります

.今まで何の問題もなく割れていたのに、突然割れなくなって、ビックリです!!

そんな時は師範に相談します。

的確なアドバイスをいただけて、その通りに作り直せば大丈夫です。

 

.

今回はこんな感じになりました。

.

師範から分けていただいた老麺は、我が家ですくすくと元気に育っています。