自家製スモークサーモンでレモンサラダ

手作りスモークサーモンです。

燻製には色々なやり方がありどれが正しい、っと言う事はないようです。

とは言え、これは家庭のキッチンで作る簡易燻製で、自己流です。

ソミュール液に漬けたり、しっかり塩をふって長時間置き、その後塩抜きをしたり、よく乾燥させてから燻製したり・・・。

もう~主婦は(イヤ、私は)そんな事までするのは面倒くさいのです。

チャチャっと作れるか、ほったらかしが好きなんです

そこで、今回は、塩分3%と5%を作って塩加減の比較をしてみました。

塩は「海の精」です。

12時間おいて水分が抜けた状態

.塩分3%の方はコショウでメリハリをつける事にしました。

今回のハーブは「ローズマリー」と「レモンタイム」です。

どちらも我が家の鉢植えですが。

 

塩をすり込み、ハーブをのせ、キッチンペーパーに包み、冷蔵庫で一晩(8時間以上)おきます。

水分が出ますから、キッチンペーパーは何度か必ず取り換えます。

ちなみに、塩をふってからの時間が短くても大丈夫。

それなりにちゃんと出来ます。(それなりって…..)

表面に塩をふるのですから、鮭の中まで塩が行き届くには時間がかかります。

しかし塩が少ないのに長時間置くのも危険です。

下の写真は次の日(約12時間後)塩抜きせずに30分燻したものです。

.

.

燻製にすると脂が出るので、再度キッチンペーパーに包み冷蔵庫で冷やします。

 

しかし、何度作っても本当にいい香りです~

手作りだからこそ味わえるこの「香り」は日ごとに落ちていきますので、さっさと食べましょう

私のお楽しみは「スモークサーモンの角切り」です。

この大きなゴロゴロサーモンは市販品ではなかなか出来ないですよねぇ~。

.

でも塩分3%のサーモンは、美味しい・・・と言えば美味しい。

物足りないと言えば確かにちょっと・・・

そこで今回は「レモンドレッシングのサラダ」にしました。

レモンを薄~く切って混ぜ込み、オリーブオイル・塩・コショウ・レモン汁のドレッシングをかけます。

.

.

レモンと一緒に食べると塩気が薄くても大丈夫。

とても美味しくいただきました。

.

塩分5%の方は少ししょっぱ過ぎました。

野菜サラダの中に入れるなら気にならないでしょうが、塩分コントロールしている方は「絶対ダメ」です

これは薄く切って、野菜やご飯を巻いて食べる事にしよう~

.

そして、我が家は「塩分4%」で「塩抜きなし」に決定。

暫くこれで行こうと思います。