叉焼包(チャーシューまん)

 

老麺生地の叉焼包チャーシューまん)です。

とても美味しくて、ドライイーストではなかなか出せない味です。

 

そして「チャーシューまん」は、上が割れている事が重要です。

これは膨張剤に「炭酸水素アンモニウム(=重炭酸アンモニウム)」を使えば、低温でも多量のガスを発生させるため、簡単に割れるそうです。

中国では「臭粉:しゅうふん」と言って普通に使うようですが、すごいアンモニア匂がする、と聞いてます。

 

叉焼包 チャーシューまん 点心ちゅん

 

しかし、「点心マイスター協会」で使う事はありません。

ですから、パカッと割らせるのは結構難しいんですね。

 

叉焼包(チャーシューまん)のです。

具を作るにはまずチャーシューを作らないといけない・・・

これがねぇ~。

 

又焼包 チャーシューまん 点心ちゅん

 

それから、「叉焼包」ってが少ないなぁ~、っていつも思っていたんです。

「叉焼包」と言う以上は、がっつりチャーシューを入れて欲しい…..と。

多ければいいってもんじゃない

….っと思いながらも、今回は自分で作るんだから、入れたいだけ入れて~♬~♬

 

ところが

もう~しつこくてしつこくて食べてる最中に飽きてしまいました。

 

入っている量って、ちゃんと訳があるのね。

 

前の記事

せいろでおこわ:干しえび

次の記事

邪払(じゃばら)果実酒