38:食育アドバイザー


東洋医学は重要です。

しかし、多くの選択肢がある中、1つの事にこだわるのは危険だと思い始めました。

本来なら「栄養学」など勉強すればいいのでしょうが、それは負担が多すぎます。

そこで、もっと身近な「食育」を学ぶ事としました。

通学はできませんから通信教育です。

 

 

勉強して、始めて日本人の知恵や、薬膳で学んだ事柄の裏付けや、「食品添加物とその表示」「農薬・防腐剤」「食品バランス」…….etc

たくさんの事を学び、その度驚いたり、反省したりでした。

そして、知らない「恐ろしさ」「ある意味幸せ」を感じます。

 


その後、2018/11、「上級食育アドバイザー」の資格を取りました。

この講座を受講するまでは

「本当に私は何をやっているんだろう」

「いったい何がしたいんだろう」と自分で分からなくなっていました。

どんどん深みにはまって、沼から抜け出せない感さえありました。

 

しかし、最終的に「身体にやさしい点心」を選択する、キッカケのひとつになりました。

 

 

前の記事

37:身体にやさしい物

次の記事

39:どうしても気になる